間宮夏生『月光』(電撃文庫)

なにやら良いらしいという噂を聞きつけそそくさと購入→読了。近所の本屋で買うたんですが、ラノベコーナーに中高生と思しき少年が張り付きで立ち読みしてました。タイトルまでは知らん。若いっていいね!こっちはあっさり買うもの買って即退散。


気を取り直して。
内容は、サスペンス…かな。
一気に読んでしまいました。


これが賞を逃すなんて信じられない。
まぁ電撃の作風に合わないのは確か。そのへんが理由かな。


いちゃいちゃではなく、主人公二人の会話が緊張感に満ちていて大変よろしいです。


ラブコメ分はオレンジシュースが孤軍奮闘しております。
ワインについて、なんだろう、萌える、とはちょっと違う感情を憶えます。


トリックがどうのこうのはともかくとして、犯人当て、殺ったか殺っていないか、だけでも結構楽しめると思うので、ミステリ好きな人にも勧めたいなぁと思う次第。