デジラバリスペクト同人出したら叩かれたでござるの巻

消されるなら 残しておこう ホトトギス。


次回からは、大沖を探せ!に代わりまして、淺ノ屋を探せがはっじまるよー、やったね、たえちゃん。仲間が増えるよ。

イベントお疲れ様でした。
来ていただいた方、ありがとう御座いました。

そしてご迷惑をお掛けし申し訳有りませんでした。
30分くらいスタッフさんに怒られたので許してやってください。
以降の活動を白紙にさせて頂きます。

今後、他のイベントも参加する時は「毎回サークル、ペンネームを変え、告知せず
という事を提案されましたので、検討し参加させていただこうと思います。

このBlog、活動、発行し始めてから分かる方が来て頂けて、
手に取って頂ければという事で画像の情報を発信せず、
最低限の情報を出させて頂きましたが、
こちらも今回ご意見と、存在の必要も無くなりましたので、
後日閉鎖させて頂こうと思います。

9月中辺りある程度の時期が来ましたら、
この本文も消去させて頂きます。

最後になりましたが、

今までありがとう 。

参考発行同人リスト
http://doujinshi.mugimugi.org/browse/circle/20489/Asanoya/


特別ファンだというわけではありませんし、毎回の時限列を一種風物詩のように、他人事モードで楽しんでおりましたが、ようは買えなかった人が騒いでいるだけなんじゃ。外野も含め、かなり香ばしいことになっております。


下手に人気が出ると厄介なものですね。
なぜ生暖かく見守ることが出来なかったのか、誠に悔やまれてなりません。


逆説的にダミスペ取って、ブース空にして、買いに行け、と言っているようにしか見えないのは気のせいでしょうか。
少なくとも、この作者は新刊を用意しているのにね。


淺ノ屋、民明書房曰く、なかじまゆか御大の描く同人誌が好きすぎるあまり、サークル活動を始め「Digital Lover」が参加しそうなイベントに手当たり次第申し込むことで有名。一説によると、まずデジラバに並び新刊をゲト、しかるのちに頒布を開始、という欲望に忠実すぎる行動が物議を醸すことも、とある。


ちゃんと新刊作ってきているんだし、その努力は認めてあげても良いんじゃないかと思うんです。少なくとも、自分はかなり嫌いじゃないです。


そんなわけで、かまた先生の次回作にご期待下さい。