『父親たちの星条旗』

折角なので、恒例の映画を見ることに。
『硫黄島からの手紙』はまだなので、予習がてらこっちを先に見ることに。
サ館で寝てなかったので、眠くて眠くて。
何度か落ちかけました。

後半の、というかメインであろう、作られた英雄のその後〜みたいな話が延々続くので、そのへんプライベート・ライアンみたいのを期待していた人はダメかも。まぁ上陸作戦の凄まじさは圧巻ですが、結局は我らが日本軍が虐殺される様が描かれているので、精神衛生には悪いです。「Hearts of Iron 2 Doomsday」とかで、強襲上陸「-80」*1とかまぁ納得という感じです。

*1:ゲーム中の戦闘効率を表す指標。渡河攻撃とか攻撃側に負荷が高い条件で同数兵力で戦闘したりするとあっという間に負けてしまいます。まさに攻者3倍の原則が良く分かるゲーム